留学をする事によって得られるものとは…?

留学前の面接は二ヶ国語を用いる

留学前の面接は二ヶ国語を用いる 受験者の経歴や考えを知るために設けられるのが面接の場ですから、お互いが慣れている言葉で言葉を交わすのが通例です。
事ある毎に脳内で言語を変換していると、面接の進行が緩慢になります。
有意義な時間の使い方とは言えないので、言語が統一されています。
他方、留学希望者が参加する面接では二ヶ国語を用いることが一般的です。
参加者が日常的に扱う母国語と、留学先で多用することになる言語の二つです。
最初に母国語で留学の意気込みなどを質問されるので、全力で答えることになります。
続いて、直近の回答を留学先の言語で言い直すように指示されます。
二ヶ国語それぞれの習熟度を測る目的であればペーパーテストでも事足りますが、異国の地では机上で熟考している暇が皆無に等しいです。
即座に言いたいことを口述できる必要があるので、その能力の有無が面接中に確認されます。
あらかじめ、二ヶ国語で表現する練習を積んでおくに越したことはありません。

留学の志望理由は正直に伝えなければならない

面接官に留学の志望理由を語る人は、二つのパターンで分類できます。
漠然と海外へ行きたいことが本心である場合と、もう一方は正直な内容を打ち明けることです。
留学の志望理由を伝えるときには、後者を強調する必要があります。
本音で志望理由を語れば、留学先で実力に応じた教育が受けられるからです。
たとえば、心にもない壮大なビジョンを掲げて海を渡ったとします。
現地で待ち構えているのは、この上なく高品質な教育です。
本心では入門レベルを希望していた場合でも、向上心に満ち溢れている人物には相応の環境が与えられます。
ところが、モチベーションが伴っていない留学者には荷が重すぎます。
もしも正直に志望理由を打ち明けておけば、自身の能力に適した学習が可能です。
与えられた環境で成長できるのは、現地で取り組みたい内容に大げさな表現がない人物だけです。
面接官の心象を良くする必要はないので、考えていることを直接的に表現するべきです。